ボルダリングをしている女子にとって、気になるのがヘアスタイル。ボルダリングにぴったりなヘアスタイルを知りたい人もいるでしょう。ボルダリングに集中できるようなすっきり感はもちろん、おしゃれなこなれ感も大事にしたいところです。この記事では、ボルダリングをする際におすすめのヘアスタイルを紹介します。ちょっとした工夫で、おしゃれなヘアスタイルが実現します。

もくじ

  • ボルダリングをするときのヘアスタイルのポイント
  • 【おすすめヘアスタイルその1】80年代アメカジスタイル
  • 【おすすめヘアスタイルその2】編み込みスタイル
  • 【おすすめヘアスタイル】3.ターバンスタイル
  • ボルダリングにおすすめのヘアアクセサリー
  • おしゃれなヘアスタイルでボルダリングを楽しもう!

ボルダリングをするときのヘアスタイルのポイント

ボルダリングをするときの髪型はジムによっては規定がある場合もありますが、基本的には長い髪の場合、ゴムでしっかりと結んでおくことがポイントです。ボルダリング中に邪魔にならないような、すっきりとまとまったヘアスタイルを心がけましょう。ボルダリングで動いても崩れにくいような、機能性の高さも必須です。長さによってはゴムでしっかりと結んでも邪魔になるので、結んだあとにシニヨンにしてまとめると邪魔になりません。

また、ボルダリングをするジムが決まったら、髪型の規定があるかどうか確認しておくと安心できるでしょう。事前見学でスタッフに問い合わせたり、ほかのお客さんがどんなヘアスタイルでボルダリングをしているか確認したりするのも賢い方法です。規定については、ジムによって公式サイトで紹介していることもあります。

【おすすめヘアスタイルその1】80年代アメカジスタイル

ボルダリングをする際だけでなく、街で見かけてもとてもおしゃれな80年代アメカジスタイル。小物をうまく活用すれば、ボルダリングにぴったりなまとめ髪も簡単にできます。80年代アメカジスタイルには、まずヘアゴムとバンダナを用意しましょう。ヘアゴムで髪を簡単に結び、バンダナを頭に巻くだけ。思い切って前髪をアップにして、バンダナで止めるようにアレンジするのもおしゃれです。顔周りの髪の毛がすっきりとまとまります。より崩れにくくするには、おでこの上でバンダナの端と端をしっかりと結んでリボン風に仕上げるのがポイント。これで、こなれた80年代アメカジスタイルが完成します。

バンダナの色や柄で個性を出すのが大切なポイント。ビビッドな原色系のバンダナを合わせれば元気いっぱいな印象に、花柄を選べばアクティブな中にもかわいらしさを忘れないヘアスタイルに。バンダナのデザインを服装と合わせて、トータルコーディネートを楽しみましょう。

【おすすめヘアスタイルその2】編み込みスタイル

パーティーでは定番の華やかな編み込みスタイルですが、崩れにくいのでボルダリングをする際にも適しています。必要なものはヘアゴムひとつ。ヘアゴムがあればすぐに編み込みスタイルが完成します。一見難しそうな編み込みスタイルですが、基本は3つのパートに分けた髪の毛を交差し、その度に余っている髪の毛を足して交差を繰り返すだけです。基本は上に重ねていきますが、あえて裏に重ねていく「裏編み込み」もこなれ感があっておすすめです。時間があれば、あらかじめ全体の髪の毛をヘアアイロン等でカールさせておきましょう。

編み込みスタイルなら、髪の毛の量が多く長くても、すっきりと崩れにくくまとまります。耳周りの髪の毛だけを編み込んでハーフアップにするよりも、髪の毛が余らないようにしっかりと編み込んでまとめる方がボルダリング向き。もし編み込みに必要な量と長さがない場合は、まずは前髪を手に取り、他の髪の毛といっしょに編み込んで顔のサイドにまとめると、ボルダリング中も邪魔になりにくくおすすめです。伸ばしかけの前髪のまとめ方に困っていれば、編み込みスタイルを試してみましょう。

汗をかいても髪が乱れにくい編み込みスタイルは、機能的なだけではなく、ファッション性も高くてボルダリングにおすすめです。少し崩れたとしてもこなれ感が出て、とてもおしゃれ。編み込みひとつにもさまざまなパターンがあるため、その日の気分で選んでみてもよいでしょう。ボルダリングの後もヘアスタイルを直す必要はなく、そのまま別の場所へお出かけできます。しかし、ヘアアレンジに慣れていないと、編み込むコツをつかむまでに少し時間がかかるかもしれません。アレンジの途中で髪の毛がからまったり、ごわついたりハウツー動画を見ながら真似して、編み込むコツをつかみましょう。慣れればヘアピンを使わずに、ヘアゴムだけでささっと編み込むことができるようになります。

簡単な編み込みスタイルのひとつにロープ編みがありますが、2本の束にした髪の毛をねじってまとめて固定するだけなので、少し崩れやすくボルダリングには不向きです。3つの束を重ねていく基本の編み方で、しっかりと編み込むことを心がけましょう。

【おすすめヘアスタイル】3.ターバンスタイル

定番のヘアスタイルに簡単に取り入れるなら、ターバンを使ったヘアスタイルがおすすめです。ターバンスタイルに必要なものは、ターバンひとつ。長い前髪もいっしょにターバンでまとめれば、邪魔にならずすっきりとした印象に仕上がります。ターバンに前髪や顔周りの髪の毛を巻き付けてもおしゃれです。ターバンの選び方ひとつで、コーディネートのポイントにも。あらかじめ髪の毛をシニヨンやおさげ、ポニーテール等でまとめておくとより一層こなれ感が増します。

シニヨンやポニーテールにくるりと結び付けて飾り付きヘアゴム風に使うのも賢い方法のひとつ。適当なまとめ髪でも、ターバンを巻くことで簡単にスタイリッシュなヘアスタイルになるため、不器用でヘアアレンジに自信がない人にもうってつけです。

ボルダリングにおすすめのヘアアクセサリー

ボルダリングをする際には、スポーツタイプのヘアバンドやバンダナ・ターバンなどを利用すると簡単に髪をまとめられます。スポーツブランドが販売するヘアアクセサリーなら、おしゃれで機能性にも優れていてボルダリングをする際におすすめです。日常使いにぴったりなデザインも豊富にそろっています。

たくさん動いて汗をかくボルダリングでは、ヘアムースやワックスなどのアイテムを使ってがっちりと髪の毛をまとめるよりも、ヘアアクセサリーを使ったほうがよいでしょう。汗をかくと髪の毛につけたヘアムースやワックスがとれて、首やおでこについてべたべたになってしまいます。かえってヘアスタイルも崩れてしまい、ボルダリングに集中できなくなるでしょう。日常生活や華やかなパーティ―には欠かせませんが、ボルダリングには向きません。ヘアアクセサリーでラフにすっきりとまとめたほうが崩れても直しやすく、かえってラフなこなれ感がおしゃれなヘアスタイルを演出します。

また、ケガを予防するためにもヘアピンは使用しないようにしましょう。ボルダリング中に髪の毛からヘアピンが落ちると、とても危険です。ヘアピンは普段のヘアアレンジには必要不可欠なアイテムですが、ジムによっては規定で禁止されていることもあります。ほかのヘアアクセサリーを使うときも、とがった飾りのついていないものを使うようにしましょう。ざっくりと髪の毛をまとめたいときは太めのヘアゴムで、ヘアゴムが目立たないようにしたいときは細めで、とヘアスタイルによって使い分けるとアレンジも簡単です。

ボルダリングには、ヘアゴムやバンダナ、ターバン等だけで完成するヘアアレンジがとても便利です。ボルダリングの邪魔にならないおしゃれなヘアアクセサリーで、すっきりとしたヘアスタイルに仕上げることを心がけましょう。
Amazonで購入する

おしゃれなヘアスタイルでボルダリングを楽しもう!

ボルダリングをする際のヘアスタイルは、なるべくすっきりとまとめるよう心がけましょう。たくさん動いて汗をかいても崩れにくいヘアスタイルがおすすめです。髪の毛が崩れて邪魔にならないよう、しっかりとまとめましょう。コーディネートのポイントにもなるヘアアクセサリーなどをうまく使用して、おしゃれなヘアスタイルでボルダリングを楽しみましょう。

他にもボルダリングのファッションやヘアスタイルについて知りたい方は、下記の記事もおすすめですよ♡ぜひ、チェックしてくださいね♪
【デートにも最適♡ボルダリングの魅力やかわいい服装・アイテムを紹介】の記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。

ライター

User avatar spoit
spoit編集部
spoit編集部には元アスリートや各スポーツの有識者の方がメンバーに入っています。もっと多くの人に、もっとスポーツを身近に感じてもらえるように様々なスポーツを紹介していきます。
この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。
spoitでは、スポーツについて記事を書いていただけるライターを募集しています
Logo