ロッククライミングは素敵な出会いやダイエット効果もあり、初心者にも楽しむことができるアクティビティです。女子に必見なかわいいファッションとともに、歴史やルールなどわかりやすく「ロッククライミング」の魅力について紹介していきます。

もくじ

  • ロッククライミングって?歴史とルールを知ってみよう!
  • あの芸能人もロッククライミング経験者!?
  • ロッククライミングの魅力や見どころは?
  • ロッククライミングの適切なコーデやかわいいファッション!
  • 健康やダイエットにも効果が期待できるロッククライミング!
  • ロッククライミングの世界へ

ロッククライミングって?歴史とルールを知ってみよう!

ロッククライミングの歴史やルールをご紹介します。

知っているようで知らない、「ロッククライミング」ってなんだろう?

英語でrockは岩のことで、climbingはよじ登るという意味です。まさに字の通り、岩をよじ登ることです。また、ロッククライミングとは総称であり、その手法や目的により様々なネーミングを用います。
大きくわけて2つ、道具を積極的に用いる「エイドクライミング」と確保以外には道具を用いない「フリークライミング」があります。ボルダリングもフリークライミングのひとつです。

よじ登るだけ?ロッククライミングのルールとは!

正式競技となったスポーツクライミングでは、5m程度の壁を登り切った回数で競う「ボルダリング」、12m以上の壁を登る高度で競う「リードクライミング」、15mの壁を登る速さで競う「スピードクライミング」、その3種を複合した結果で成績を決める「コンバインド」などがあります。
これらは競技としてのクライミングですが、ロッククライミングとは岩を登ること自体に楽しみを見出すスポーツなので、競うことだけが目的ではありません。

ロッククライミングの歴史を知ろう!

エイドクライミングは19世紀頃にヨーロッパで登山が始まった時期から行われてきました。フリークライミングは1920~40年代以降にアメリカのコロラドやヨセミテで発祥したとあります。
ですが、岩を登ることがロッククライミングなので、正式的な発祥や歴史を断言することは難しく、諸説あります。また、競技としての歴史は浅く、1989年に初めて正式な大会が開かれました。

あの芸能人もロッククライミング経験者!?

芸能人のロッククライミング経験者をご紹介します♡

大ブレイク俳優!高橋一生さんもロッククライミングが好き!

2017年上半期大ブレイク俳優ランキングで全年齢層から圧倒的支持で1位となった高橋一生さんは、もともとロッククライミングが趣味だったそうです。
さらにドラマの仕事で影響を受け、かなり本格的に登山もたしなんでいるそうです。
芸能人友達とも一緒に行くことも多いようで、役柄やイメージとは違い、根っからのアウトドア派なんだそう。仕事で忙しいと山に行く時間が取れないのが悩みのようです。

イケメン俳優の向井理さんはかなりの腕前!?

女優・国仲涼子さんの旦那である、イケメン俳優・向井理さんもボルダリングをやっている芸能人の1人です。自身の公式ファンサイトのプロフィール欄にもサッカ-、お酒、料理とともにロッククライミングが趣味であることを記載しています。
仕事で挑戦したのがきっかけでハマったそうです。また、雑誌やテレビ番組でも披露しており、とある番組ではボルタリング専用のマイシューズまで持参していたようです。

痣だらけ!?小池栄子さんはクライミングジムに通っている!

女優でタレントの小池栄子さんはボルダリングに凝っているようです。都内にある室内のクライミングジムを利用していて、ダイエット目的ではじめたそうです。
小池栄子さんが出演した番組で、山手線を痣だらけで乗っていたという目撃情報が寄せられましたが、ボルダリングにハマってできた痣であると明かしました。
また、全身運動にもなり、とりわけ背中の贅肉がとれると発言していましたよ♡

ロッククライミングの魅力や見どころは?

ロッククライミングの魅力や見どころをご紹介します!

大自然を掴む!

外岩で楽しむロッククライミングの最大の魅力は「大自然を掴む」ということです。ただ山を登るだけではできない、自然に触れ、自然を掴むという体験は、さらに深く自然を感じることができるアクティビティといえるでしょう。
自然によって作り出された岩は、荘厳であり、芸術的です。また、1年を通して楽しむことができます。自然は季節によって表情を変え、飽きることがありません。
四季折々の自然に囲まれ、岩壁に掴まり、登っていく。日常では考えられない体験をできるのがロッククライミングの見どころです。

登り切った達成感!

ロッククライミングはソロスポーツのため自分自身との闘いです。日常を忘れ、自分と向き合うことができる、それはロッククライミングにおける見どころといえます。
また、自分がどの程度上達したのかを知ることもできるシンプルなスポーツでもあります。完登できなかった課題やコースに取り組んで、悔しさをバネに試行錯誤し、完登したときには大きな喜びと達成感を得ることができます。
もっと高みを目指したくなる、それこそがロッククライミングの魅力です。その達成感に病みつきになるでしょう。

仲間ができる!

ロッククライミングはソロスポーツでありますが、多くの出会いがあります。まったく知らないクライマーの人に応援してもらったり、完登した際には歓声があがったりするので、自然と交流できます。
また、課題にトライするときはひとりですが、セッションなどで協力してひとつの課題を攻略することもできます。年齢・性別を問わず仲良くなれる、気軽に交流できることは魅力といえるでしょう。
同じ目的を持つ仲間と、ともに分かち合うことができるところがロッククライミングの見どころでもあります。

ロッククライミングの適切なコーデやかわいいファッション!

ロッククライミングにおすすめのコーデをご紹介します。

自分の好きなウェアで

ロッククライミングは動きやすいファッションであれば行えるスポーツなので、初心者にも手軽に体験できます。Tシャツやジャージなどのラフな服装、ジムやヨガで使用しているもので問題ありません。
もちろんクライミング専用のウェアもあります。好きなブランドのウェアでお気に入りのコーデを組むのもよし、インスタ女子のようなおしゃれなウェアもおすすめです。

気を付けるべきポイント

体を四方八方に広げるロッククライミングでは、下着が見えないようなトップスかインナーウェアを着ることをおすすめします。袖の広いボトムスも下着が見えてしまうのでやめておきましょう。
道具を使用するクライミングでは、飾り気のないウェアで事故を未然に防ぐことが大切です。また、室外で行うクライミングでは、汗で体を冷やさないよう速乾性のものを選び、急に冷え込んでも対策できるように上着を持っていきましょう。
Amazonで購入する

寒さ対策も忘れずに

屋外で行うクライミングではもちろん防寒対策は必須ですが、室内で行うクライミングでも地域や季節、立地によっては上に一枚羽織るものを持っていくことをおすすめします。
倉庫など広々とした場所で暖房が効いていないところやジムなどで冷房が効きすぎて寒いことがあるので、パーカーやスポーツジャケットで対策しましょう。かわいいレディースものもたくさんあります。
Amazonで購入する

健康やダイエットにも効果が期待できるロッククライミング!

どんな方にロッククライミングがおすすめかご紹介します♡

有酸素運動と無酸素運動を両立

ロッククライミングは掴む・登るなど瞬発的な動きから無酸素運動の効果があります。また、筋肉に継続的に負荷をかけることで有酸素運動の効果もあります。
有酸素運動では脂肪を燃焼させることができ、無酸素運動では筋力をあげることができます。
2つの運動を両立し、効率よく行うことができるロッククライミングはダイエットに効果的でしょう。

基礎代謝をアップ

ロッククライミングは基礎代謝をアップする効果があります。基礎代謝が上がることで、太りにくく痩せやすい体にすることができ、免疫力も上がり、血液の循環が良くなることで冷え性の改善・肩こりや生理痛の解消が期待できます。
また、ロッククライミングは肩甲骨をよく動かし、その周辺にある褐色脂肪細胞を刺激して活性化させることで、脂肪を燃焼させる効果もあります。

柔軟性を高める

ロッククライミングは四方八方に脚や腕を遠くに伸ばし、捻る動きをするため、柔軟性を高めることができます。柔軟性を高めると動きがスムーズになり、怪我を防ぎ、疲れにくい体になっていきます。
また、ロッククライミングでは筋肉の柔軟性に加え、同時に筋肉を使うので、リンパの流れが良くなります。むくみの改善や予防にも効果的でしょう。

ロッククライミングの世界へ

一口にロッククライミングと言っても、その手法や目的も様々であり、競技としても趣味としてもいろいろな楽しみ方ができます。自分の手足を使い、無我夢中に本能のまま登ったり、ゲームのように頭を使い攻略していくこともできます。
老若男女問わず、初心者にも気軽に体験できるアクティビティです。その一方でロッククライミングの世界は奥深く、その魅力にハマる人も多いです。
岩が壊れない限り、何十年も前にスーパースターたちが登った岩を自分も挑戦することができるのです。
そんなロマン溢れる、魅力的なロッククライミングの世界を体験してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。

ライター

User avatar spoit
spoit編集部
spoit編集部には元アスリートや各スポーツの有識者の方がメンバーに入っています。もっと多くの人に、もっとスポーツを身近に感じてもらえるように様々なスポーツを紹介していきます。
この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。
spoitでは、スポーツについて記事を書いていただけるライターを募集しています
Logo