トランポリンは体操競技の1種であり競技としての長い歴史もあります。技の美しさや難度を争うアクロバティックなトランポリンは、観戦初心者の女子でも楽しめる魅力がいっぱいです。トランポリン競技の由来やルールを始め、観戦方法やファッションまでご紹介します。

もくじ

  • トランポリンの歴史やルールが丸わかり
  • あの芸能人も元トランポリン選手!
  • トランポリンの魅力と見どころを紹介
  • 観に行こう!トランポリンの大会を紹介
  • 世界でも有名な注目のイケメン選手を観戦
  • トランポリンの魅力を間近で感じよう

トランポリンの歴史やルールが丸わかり

トランポリンの歴史やルールについてご紹介します。

トランポリンってどんな競技?

トランポリン競技は、体操競技の一種でありトランポリンを使用した空中でのアクロバティックな演技で技の華麗度、難易度そしてジャンプの高さを競うスポーツです。
また、演技中いかにトランポリンの中心で跳び続けるかということも点数の加算に影響する大切な要素で、中心からずれることで減点されるという特徴があります。トランポリンは男子・女子ともにレオタードを着用して演技します。個性豊かなレオタードにも注目です。

観戦前に理解!トランポリンのルール

トランポリンは、連続した10本のジャンプの中で、その技の美しさや難度を競う競技です。近年では、演技の美しさや難度に加え、ジャンプの高さも加点されるようになりました。
トップレベルの選手の場合、8メートル程の高さのジャンプをし、ビルの3階程の高さでダイナミックな技を繰り広げ観ている人を惹きつけます。1つの試技で10本のジャンプを行いますが、演技中にトランポリンのフレームに身体の一部が触れてしまうと演技中断となり即失格となってしまいます。

トランポリン競技の歴史を紹介

トランポリンの発祥国は、アメリカであると言われており、体操競技選手のジョージ・ニッセン選手が創始者であるとされています。サーカスからヒントを得たジョージ氏が、自宅のガレージで作ったのがトランポリンの始まりと言われています。
また競技としての歴史は長く、1964年に初めてロンドンにおいて世界選手権大会が開催され、同年の日本では、大阪府で第1回全日本選手権大会が開催されています。

あの芸能人も元トランポリン選手!

元トランポリン選手をご紹介します。

廣田遥さんは有名なトランポリン選手だった

日本テレビのOha!4 NEWS LIVEでスポーツキャスターを担当したりリポーターとしても活躍する廣田遥さん。チャーミングな笑顔が印象的な廣彼女は、有名なトランポリン選手でした。
現役時代には、全日本選手権で10連覇という偉業を成し遂げた人気選手だったのです。当時、日本の女子選手には難しかった国際大会においても、上位入賞を果たす快挙を成し遂げ見た目の愛らしさも相まって、アイドル的な人気を博していたトランポリン選手だったのです。

SASUKEで人気の長崎峻侑さんもトランポリン選手

SASUKEに出演し、甘いマスクで人気の長崎峻侑さんも国内大会で上位入賞したり国際大会へ出場していた人気トランポリン選手だったのです。
小学3年生でトランポリン競技を始めた長崎さんは、その2年後にはオーストラリア・シドニーで開催された世界年齢別大会へ参加し、見事に銅メダルを獲得しています。その後もトランポリン競技において数々の結果を残すものの2012年8月に引退を発表しました。

人気の中田大輔さんもトランポリン選手

筋肉番付やマッスルミュージカルに出演している中田大輔さんも、トランポリン選手です。中田さんは、芸能活動を行う傍ら、現在もトランポリンの大会へ出場したり、トランポリン日本代表のコーチとしても活躍されています。
そんな中田大輔さんは、日本でトランポリン競技を有名にした第一人者と言っても過言ではありません。3歳に父親の影響によりトランポリンを始めた中田さんは、高校時代から優勝を重ね、国際大会へも日本代表選手として出場していた選手だったのです。

トランポリンの魅力と見どころを紹介

トランポリンの魅力と見どころをご紹介します。

アクロバティックとうっとりする美しさ

トランポリン競技は、1回の試技の中で連続してジャンプを行い、各ジャンプにおいて様々な技を行って、その技の美しさと難度の総合点を競うスポーツ。迫力のあるアクロバティックな演技とうっとりするほどの技の美しさが魅力です。
トップレベルの選手になると、ジャンプの高さは8メートルにものぼり、ビルにして3階の高さにまで到達するほどの跳躍力を持ちます。選手は、その高さで宙返りや捻りといったアクロバティックな技を披露するのです。1本のジャンプに3回の宙返りを行う選手もおり、トップ選手の試合になると高レベルな技が繰り広げられるところもトランポリン競技の見どころです。

美しく跳ぶ!

トランポリン競技の魅力のひとつに演技の美しさがあります。トランポリン競技では、技の難度に加え、技の美しさも点数に影響を及ぼします。手の指先から足先まで、まっすぐ伸ばし、跳躍中いかに美しく見せるかも重要なポイントです。
選手は、高い跳躍を行っている最中も、背筋や指先、そして足先へも集中を研ぎ澄ませ綺麗にまっすぐ伸ばして演技を行います。技を繰り出す前の美しい滞空時間も、トランポリン競技の見どころのひとつなのです。
さらにトランポリンの中心で跳び続けることも高得点を取るためには必要なことで、これらの要素が加わることで、演技をより美しく見せるのです。

張りつめた空気感もトランポリン競技の魅力

わずか縦約4メートル、横約2メートルというトランポリンから男子のトップ選手になると8メートルほどの高さのジャンプを繰り出し、難度の高い技を繰り広げる見どころたっぷりのトランポリン競技。
バランスを崩し、身体の一部がトランポリンのフレームにぶつかりでもすればたちまち失格となってしまうリスクも含みます。そんなトランポリン競技の大会では、張りつめた空気が漂っており緊張感に包まれています。
ダイナミックでありながら繊細でもあるトランポリンでは、フラッシュをたいた写真撮影も禁止されているほど。しかし演技が成功を収めると会場内に拍手喝采が鳴り響く。そんなところもトランポリン競技の魅力となっています。

観に行こう!トランポリンの大会を紹介

トランポリンの大会をご紹介します。

トップ選手が参加する大会へ行こう

日本では、年間にいくつものトランポリン大会が行われており、大会の規模も、初心者や幼稚園児から参加できる各都道府県ごとの大会からトップレベルの選手のみが参加する大会まで様々です。
よりアクロバティックな演技を見るにはトップ選手が集う大会がおすすめです。トップ選手が参加する大会の情報をご紹介していきます。

トップ選手の大会を紹介

よりハイレベルでダイナミックな演技を観戦するのであれば、トップ選手が集う大会へ行くのが良いでしょう。全日本トランポリン競技選手権大会や、東日本選手権大会、川崎市長杯争奪国際トランポリンジャパンオープンなどがあります。
世界中のトップ選手が集まるワールドカップが日本で開催されたこともありました。中でも川崎市長杯争奪国際トランポリンジャパンオープンは、日本のトップ選手に加え、海外で活躍する招待選手も参加するためおすすめです。

川崎市長杯トランポリンジャパンオープン

ハイレベルなトランポリン演技を観戦できる「川崎市長杯争奪国際トランポリンジャパンオープン」は、日本のトップ選手のほか、海外の招待選手も参加するため、レベルの高い演技を観戦することができます。
「川崎市長杯争奪国際トランポリンジャパンオープン」は、毎年12月頃に、神奈川県川崎市のとどろきアリーナで開催されます。入場無料でチケットも不要なため、好きな席に座って観戦することが可能です。誰でも気軽に観戦することが可能です。

世界でも有名な注目のイケメン選手を観戦

注目のイケメン選手をご紹介します。

伊藤正樹選手の生い立ちを紹介

伊藤正樹選手は、6歳でお姉さんの影響によりトランポリンを始め、小学校3年生の8歳で日本の強化選手に選ばれ、現在日本のトップ選手としてトランポリン界を牽引している選手です。
国内で優勝した経験も多く、国際大会でも優勝経験があり期待されている選手のうちの一人です。伊藤選手の強みは高い跳躍力。8メートル程の高いジャンプを繰り出す伊藤選手は、幼少の頃からひときわ高いジャンプをして注目されていたそうです。

伊藤正樹選手の活躍

わずか8歳で日本のトランポリン強化選手に選ばれた伊藤正樹選手。将来の国際舞台での活躍を期待されてのことでした。その期待通り、伊藤選手は、国内の大会はもとより、ワールドカップでも個人で優勝を果たすなど着々と結果を残してきたのでした。
平成21年、23年には、世界ランキング1位にもなるほどの実績があります。そんな伊藤正樹選手も30歳。今も第一線で活躍する伊藤正樹選手を応援しましょう!

イケメンの伊藤正樹選手が観戦できる場所

伊藤選手は、トップ選手として国内はもとより国際大会へも出場しています。そんな伊藤選手が参加すると思われる大会をご紹介します。
まず、国際大会へ向けた日本代表選手の選考を行うような全日本トランポリン競技選手権大会や東日本選手権大会といったトップレベルの選手が集まる大会へは参加する可能性が高いでしょう。
これらの大会は、入場無料となっており誰でも観戦可能です。ぜひ会場へ行って、伊藤選手を応援しましょう。

トランポリンの魅力を間近で感じよう

ダイナミックでアクロバティックな技を繰り広げるトランポリン競技。しかし、その技の裏には指先まで意識を集中した美しさと絶妙なバランス感覚を必要とする繊細な要素も含んでいます。
トランポリン競技の魅力を存分に感じるには、実際に会場へ足を運び、目の前でトランポリンの演技に触れることが一番です。次々に繰り出されるハイレベルな技に感激しながらも、技と技の合間の美しい滞空時間にも注目です。
トランポリンを使用するからこそ繰り出される人間を超越した技と跳躍に思う存分楽しんでみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。

ライター

User avatar spoit
spoit編集部
spoit編集部には元アスリートや各スポーツの有識者の方がメンバーに入っています。もっと多くの人に、もっとスポーツを身近に感じてもらえるように様々なスポーツを紹介していきます。
この記事が気に入ったら
いいね!・フォローしよう
spoit の人気記事をお届けします。
spoitでは、スポーツについて記事を書いていただけるライターを募集しています
Logo